自然史・歴史講座

  平成24年度 第1回 自然史・歴史講座を 受講しました
        (歴史資料館主催 サンフレアこが2階 視聴覚教室にて)

演題 「元寇船の発見と元寇について 元寇終焉の地ー鷹島海底遺跡ー」
講師 林田 憲三さん (NPO法人 アジア水中考古学研究所 代表 )   
元寇の 弘安の役で 水没した 鷹島海底遺跡についての 講義でした
船をはじめ 色々の物が 水没しているのですが なかでも ”てつはう”と言う
中に火薬が詰められている 鉄の球が 印象的で 爆発して相手を脅かして
いたそうです(上の写真の 中央上部に 描かれているのが ”てつはう”です)

 
 海底より1m下に 元寇の遺跡が 埋まっているが もっと深く掘ると 
縄文時代の遺跡が 見つかったとか 人一倍好奇心が強い 私にとって
楽しい 2時間でした 最後に 歴史資料館の館長さんが お持ちの
「蒙古襲来絵詞」の巻物を (複製ー 本物は 宮内庁所蔵) 見ることができ
感激しました
TERA